視力訓練の方法・研究館

視力訓練法によって、仮性近視から視力0.01レベルの強度近視が視力回復する方法を探るとともに、急激な視力低下や疲れ目を解消する対策法を解説します。

サイトトップ > 視力upする簡単な方法とは?

視力upする簡単な方法とは?

視力upする方法には、メガネやコンタクトレンズという眼科矯正器具や、オルソケラトロジーやオサートなど、現在では、じつにさまざまな方法があります。

そのほか視力upの方法には、視力回復手術があります。レーシックをはじめとしたレーザー角膜屈折矯正手術は、眼球内を切開することなく、角膜の形を調整するだけなので、強度の近視の人に人気があります。

視力upは、仮性近視であれば眼科でも達成できます。
散瞳薬であるミドリンMやミオピン、サンドールといった点眼薬によって、仮性近視は視力回復します。そのほか眼科のワックという視力訓練機でも調節痙攣は改善します。

あまり知られていませんが、視力upは眼科の通電療法でもできます。通電治療とは、目に微弱な電流を流すことによって、視力回復を目指す方法です。屈折性近視までは有効のようです。だたし、もちろん角膜や眼軸が伸びた分に関しては、頭打ちになり、視力upがストップします。小学生の子供は、急激に視力低下するかわりに、眼科の電気治療で、急速に視力改善していきます。

視力upは、視力回復センターに通院することでもOKです。
東京視力回復センターでは、室内凝視訓練法とか、超音波治療器ソニマック、アイトレーナーを使用しています。

即効で視力upする、簡単な方法は、まばたきです。
ただ、軽いまばたきではなく、思い切り強くつぶる、まばたきです。5回連続でギュッと、まばたきしてみましょう。最後は2秒くらい維持して、一気にゆるめます。すると眼球内に一気に、周囲の血液が流れ込んできて、かなり視力upすることでしょう。

ただし、この視力アップは一時的なものです。毛様体筋が緩むからです。近くを見て、また目を酷使すると、毛様体筋が緊張してこり固まってくるので、そのときにまた、強くまばたくといいでしょう。目の疲れや眼精疲労の予防と解消に効果的です。自動車の免許更新の視力検査や、小学生や中学生の学校検眼の直前に、この視力up法を実施すると、そのあと普段よりもランドルト環がよく見えます。ちょっとした裏技ですね。

そのほか自宅でも無料で簡単にできて、その場ですぐに視力upする目のエクササイズとしては、視力回復のツボ指圧があります。これは眼の周囲にあるツボを指圧することで、目の血行がよくなるから、視力が回復するのです。仮性近視の改善やちょっとした目の疲れの解消に効果的です。目を強くまばたくことと同様の原理です。

目のツボを指圧すると、数秒で視力upします。
これも車の免許更新前の視力検査とか、学校検眼の前に使えますね。たとえば眉毛のツボ。ここには視力upのエッセンスともいえるツボが密集しているので、人差し指をまげて、第二関節の内側を使い、眉毛の内から外へと何度もしごくといいでしょう。

あるいは、テーブルにひじをついて、両手の親指で、眉毛の両端と中央にある、骨のくぼみを、痛くない程度にゆっくりと押し上げてもいいでしょう。目がスッキリして、視界が明瞭になるはずです。

視力upの方法には、目の筋肉を鍛える眼筋トレーニングもあります。毛様体筋や外眼筋を鍛える視力訓練の方法ですね。動体視力もupします。この視力回復トレーニングは、即効性もありますが、それよりも毎日、持続していくことで視力向上の効果が現れてきます。

家で一人で持続する自信がない場合は、視力回復の専門家のアドバイスをうけながら、視力アップ訓練に励むといいでしょう。

視力トレーニングとは一覧