視力訓練の方法・研究館

視力訓練法によって、仮性近視から視力0.01レベルの強度近視が視力回復する方法を探るとともに、急激な視力低下や疲れ目を解消する対策法を解説します。

サイトトップ > 穴あきメガネの視力回復効果は?〜ピンホールメガネ

穴あきメガネの視力回復効果は?〜ピンホールメガネ

穴あきメガネとは、本来メガネレンズがある場所がプラスチックなどに加工されていて、そこに穴がたくさん開いている視力回復グッズです。これを自宅で掛けていれば、極端な話、通常のメガネレンズとかコンタクトレンズは要らなくなりそうです。

穴あきメガネの呼び名も、商品名によってさまざまで、たとえばピンホールメガネ、視力アップアイグラス、ピンホールアイマスク、パソネット・ピーシー・アイ、さらには楽天ではアイプロテクションが販売されています。値段もさまざまですが、効果はほとんどかわりません。

穴あきメガネは100円ショップ(100均)では、大門型の大きな黒いサングラスのような感じで、ネットで3000円以上するピーシーアイと比べてみると、やはり値段が高いほうが、やや視力がアップしました。つまり後者のほうが値段が高いだけに、ピンホールメガネを装用したときに、よりハッキリと見えるということです。

そのほか、たまに健康雑誌の付録についていますね。
これは型紙だけあって、穴をきりで開けたりというタイプです。

穴あきメガネを着用すると、どうして視力矯正用のメガネレンズやハードレンズ、使い捨てコンタクトレンズを装着しなくても、ものがよく見えるのでしょうか?それはカメラでいうところの被写界深度が深くなるというか、焦点深度が深くなるからです。これをピンホール現象といいます。

つまり、穴あきメガネの小さな一つの穴を通った一筋の光は、水晶体のど真ん中を通過するために、水晶体の屈折の影響をほとんど受けることなく、網膜に到達します。通常は水晶体を通過するときに、屈折という過程をへるために、網膜の手前で焦点を結んで近視になったり、網膜を通り越したような位置で焦点を結ぼうとする遠視になるわけです。

しかし穴あきメガネを装用すると、そもそもが屈折や収差の影響を受けないので、網膜に近い部分に焦点を結ぶのです。ただし完全に網膜に焦点を結ぶわけではないのは、視力0.01クラスの強度の近視の人が、穴あきメガネを掛けても、視力0.1とか0.2くらいしか視力アップしないことでも分かります。

穴あき眼鏡をつかった目の運動法として、よく穴を見つめて遠くの景色を見つめてをくり返すといいと聞きますが、ほとんど効果はないのではないでしょうか?そもそも小さな穴を入ってきた光は、水晶体の屈折の影響をほとんど受けないわけですから、毛様体筋は弛緩した状態で、お休みしています。なので穴あきメガネを外して、水晶体体操法を視力訓練したほうが、効果的のように思います。

穴あきメガネの効果的な活用法として、視力アップアイグラスを装着しながら、ボーッとテレビを見る方法があります。テレビを見ているときは、細かい活字ではないので、神経を使うこともないですし、だいたいの映像でも意味がとれるからです。

それに穴あきメガネを装用してテレビ番組やCMを見ていると、テレビの強い光が虹彩筋を刺激します。顔が少し動くだけでも、穴の位置が変わるために、虹彩筋が収縮と弛緩をくり返します。そのことが、ぶどう膜として連動している毛様体筋を強化することになり、近視や老眼にとって効果的な目のエクササイズになります。

これがパソコン作業とか本を読むとき、受験勉強のときに穴あきメガネを活用すると、視野が狭くなり文字が読みづらくなります。速読になると、一文字一文字ではなく文節単位で読んでいったりするので、本を速く読めなくなる弊害になります。

穴あきメガネを掛けている間は、毛様体筋が休息できるので、仮性近視や屈折性近視の視力回復には有効です。そのほか老眼にも有効といわれています。遠視や乱視の場合、眼球の変形が大きいと、あまり効果がないものと思われます。

視力0.02とかの極度の近視・近眼の人は、ほかの眼筋トレーニングと併用して使用するのがいいでしょう。そうでないならば、疲れ目の解消、眼精疲労の予防程度のつもりで、穴あきメガネを活用するといいと思います。

視力トレーニングとは一覧