視力訓練の方法・研究館

視力訓練法によって、仮性近視から視力0.01レベルの強度近視が視力回復する方法を探るとともに、急激な視力低下や疲れ目を解消する対策法を解説します。

視力訓練の方法をご紹介!


視力訓練の方法・研究館へようこそ!

当サイトでは、巷にある色々な視力回復トレーニングの方法を中心に、目を良くするための情報を集めて、解説しています。

視力訓練の方法は、民間療法だけではありません。
意外にも眼科でも近視訓練が行なわれています。眼科のワックという視力訓練機もそうですし、眼科の通電治療も同様です。目のトレーニングというイメージではなくても、眼科の点眼療法も、近視を改善しようとします。

ただし眼科で目が良くなるのは、仮性近視に限られます。それ以上の屈折性近視や視力0.01などの軸性近視に関しては、眼科ではメガネやコンタクトレンズのお世話になります。いわゆる視力矯正法ですね。

じつはレーザー角膜屈折矯正手術も、眼科医療器具のメガネと同様に、視力の矯正です。エキシマレーザーによって、角膜の屈折率を調整しているからです。この角膜の形は、まさに近視矯正用メガネである凹メニスカスレンズそのものです。

視力訓練の方法は、じつにさまざまです。
自宅で行なう方法もあれば、最寄りの視力回復センターに通院する選択肢もあります。視力センターは、小学生や中学生の子供や大人の近視や遠視、乱視、さらには老眼を視力アップさせてきた実績をもっています。継続に自信がある人は、通うのも一つの方法でしょう。

自宅で一人で視力訓練を実行することもできます。 今は本屋に行けば、3Dの立体視用のマジカルアイやマジックアイ・エクササイズといった視力回復の本が販売されているので、参考になりますね。

そのほかネットでピンホールメガネを買ってもいいですし、スーパービジョンやメガトレ、アイトレーナー、Dr.Rexといった視力回復訓練機を購入しても、仮性近視には有効でしょう。初期の近視なら、ある程度までは視力改善するかもしれません。低周波治療器なんていう視力回復グッズもあります。

東京視力回復センターでは、メインの室内凝視訓練法以外に、超音波治療器ソニマックとアイトレーナーを活用しているそうです。

視力の訓練法は、毛様体筋と外眼筋のトレーニングがメインになります。そのほか虹彩筋のトレーニング方法もありますが、近視の視力回復にはあまり関係ありません。

仮性近視や老眼の視力改善、疲れ目解消には毛様体筋の視力訓練、それ以上の近視や遠視、乱視には、外眼筋のトレーニングが適しています。慣れてくれば、特別な視力回復機器を必要とせず、自宅で簡単に無料で行なえます。

視力訓練の方法・研究館が、皆様の視力回復のお役に立てれば幸いです。
>> あなたの近視を回復させる、視力の訓練法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力低下の予防・・・早期発見と適切な訓練が大事。
視力回復トレーニングの方法と秘訣・・・目の筋肉を活性化させてみよう!
近眼回復への道しるべ
視力トレーニングの方法のサイト・・・やり方には、いくつかの方法があります。
子どもの視力低下・・・学校近視といわれるように、今や深刻な問題となっています。
フェイキックIOLについて・・・慶應義塾大学のサイト。
近視治療の方法を紹介するサイト

視力の訓練法と近視回復のコツ